保険診療と自由診療

自由診療は高い?贅沢品?それでも自由診療をお勧めする理由は。


歯科医院で受ける治療は殆どのものは保険が適用されます。


クラウンでもインプラントでも保険が適用される素材とそうでない素材があります。
保険が適用される素材があるのに、それでも適用されない素材をまずはお勧めするのはなぜでしょう?


「どうしますか?」と聞いた時、ほとんどの方は「私は普通で良いわよ」と答えます。


「別に見た目なんてそんなに気にしないから」


「今、お金が無いから」


皆さんあまりご存知ないかと思いますが、実は「自由診療の歯はもちが違う」ということ。
そして「自由診療の素材で治療した後は歯肉の状態も良好なことが多い」ということ。


最近人気の自由診療の素材でジルコニアがあります。
歯茎に接している部分がつるつるで汚れがつきにくい。
また、ジルコニアは骨の吸収も少なく、健康な隣接する歯の状態も良いまま保つことができます。


以前、インプラントは自分の歯では無いのだからお手入れは不要だという人たちもいました。
確かに、インプラントは自分の歯では無いので虫歯にはなりませんが、手入れをしなければ歯周病(この場合、インプラント周囲炎といいます)になってしまいます。


そんな風に、手入れをせずに周囲炎になってしまった患者さんの口内を見たところ、ジルコニアを使っているインプラントと、使っていないインプラントでは歯肉の状態が全然違う、そんなこともありました。


高い素材を入れても結果的に長持ちするのであれば、長い目で見れば決して贅沢品ではない。そう思うからこそ、自由診療の素材もお勧めするのです。


そういった理由以外に、もっと大きな理由もあります。


材質による歯肉への優しさはもちろんあるのですが、私が思うのは……


高いものを扱う時の「気」が違う。ということ。


歯科技工士が歯を作るときのやる気が違う。
歯科医師がそれをつけるときのやる気が違う。


患者さんが高いお金を出して本気で「良くなろう」と思っている。
その思いに全力で応えなくては。そう思う時、私たち中でおこる「気」が思いを伝えるのではないでしょうか?


そんなことも考えたりします。
皆さんはどう思われますか?


もちろん、保険診療の素材も、いつも「本気」で治療していますので、ご安心くださいませ!





 




Pin It on Pinterest

X