けっこう怖い歯周病菌

虫歯が無いのが自慢の友人が最近歯周病で歯がぐらぐらになったという話を聞きました。

 

口の中には様々な菌が存在します。歯を虫歯にする菌、歯周病にする菌。もちろん外から入ってくる悪い菌を殺菌する良い菌も存在します。

 

虫歯菌が少なくなると他の菌の活動が活発になる菌交代現象も起こるため、大切なことは口の中の菌とうまく付き合っていくことなのです。

 

虫歯予防のためにはフロスを使ったり、フッ素配合の歯磨き粉を使ったり対処法はわかるけれども、歯周病には何をしたら良いの?

 

歯周病を予防するためのセルフケアとしては、適切な歯ブラシを使用し良く磨くこと、歯茎にも適度に刺激を与え血行を良くすることも大切ですが、生活習慣の改善も効果的です。

 

その中でも喫煙はやはり歯周病リスクを高めます。歯に付着したタールからプラークが付着しやすくなったり、ニコチンなどが病原菌に対する抵抗力を低下させたりします。

また、早食いをする人も注意が必要です。ゆっくり噛んで唾液をたくさん出すことが口内を良い環境を保つことにつながります。

 

歯周病の90%は衛生士で治る

 

歯周ポケットの深い部分のクリーニングなどはセルフケアでは限界があります。また、セルフケアはちょっと面倒くさい…… という方もいらっしゃると思います。普段のケアが上手ではなくても、定期的に歯科医院でクリーニングすることで歯周病を予防することができます。

 

歯のクリーニングに歯医者に通うことは贅沢ではない

 

虫歯になっている訳でもないのに歯医者に行くのに抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。ただ、歯周病菌は歯の腫れやぐらつきなどにつながるだけではなく、肺炎や心臓疾患、脳血管障害などにもつながる可能性があります。

 

自分のため、家族のためにも口の中を健康にしておくことは大切なこと。2か月に1回は歯科医院で歯のメンテナンスをお勧めします。定期的なメンテナンスをしていれば、1日2回の歯ブラシでもお手入れとしては十分ともいわれています。

 

平均寿命もどんどん延びてきていますが、健康で長生きを目指して、歯の健康を保っていきたいですね!



X

Pin It on Pinterest

X