義歯について

入れ歯が変われば生き方が変わる!そのくらい義歯(入れ歯)は大切なもの。それなのに、せっかく作った義歯を「なんか合わないのよね~」と言って使っていない人がなんと多いことか……

 

 


☆入れ歯が合わない

「生活の質を向上させる」ってどんなことだろうと考えた時、「食べ物を美味しく食べられる」ということはまさにそういうことなのではないか?と考えます。

義歯が合わなくてもなんとか食べることはできる。

でも痛い、美味しくない、固いものは無理、そんな不都合があると消化吸収にも影響する上に何よりも心が満たされません。


☆部分入れ歯の金具が痛い、または金具が見えて格好悪い

部分入れ歯を安定させるためについている金具。あの部分があたって痛かったり、笑った時に見えるのが気になるという声が良く聞かれます。

そんな方のためにおススメなのが「ノン・クラスプ・デンチャー」
バネの無い部分入れ歯です。歯茎に吸い付くようにフィットするのが特徴です。

ある程度ご自身の歯が残っていることが前提であったり、保険適用外であることなどがネックですが、合わない義歯を何度も作り替えたりすることを考えたら決して高いものではありません。

その人に合った義歯はその人の健康寿命を延ばし、その人の外見を何歳も若返らせることができます。


☆何となく、何かが違う

その人それぞれの噛み合わせを見つけることはとても難しい作業です。
義歯を作成するときには、なるべく正しい噛み合わせで作成したいと考えます。

しかし、例えば一般的には少しずれた噛み合わせであったとしても、その人が長年それで馴染んできた場合、どうすることが最善なのでしょうか?

こういった場合、一人一人の患者さんといかにきちんと向き合うかが重要になってきます。私たちの方でもご提案をさせていただき、そのうえで患者さんの要望を聞きながら、最善の方法を選択していきたいと思います。

 

 

☆今までと同じに食べたいと思うならやはりインプラント

保険適用外のため高価であることや、外科手術の不安もあるかと思いますが、自分の歯と同じように物を食べたいなら、やはりインプラント治療をおすすめします。

70代、80代の方がインプラント治療を受け、生き生きと生活しているのを見ると、適応力と寿命は比例するのだなと感じます。

もうこの年だし今更そんなにお金をかけなくても...なんて思っていませんか?人生まだまだこれからですよ!


☆むやみやたらに高いものは勧めません

歯の治療も義歯も保険内で十分な場合もありますし、多くの方は保険適用範囲内で治療を行っています。
それではなぜ保険適用外の治療を提案することがあるのかと言えば、素材が変われば使用感も違いますし、何より結果的に長持ちしたりするのです。

予算、治療法、なんでも気軽に相談してくださいね!

 

義歯が良い?インプラントが良い?どんどんご相談ください♪(治療法によって保険も適用されます(料金表は保険適用前の金額です))

http://megumishika.clinic/implant-denture/



X

Pin It on Pinterest

X